2008年07月28日

うつ病の薬

うつ病といえば、抗うつ薬です。

脳に対して、セロトニン、ドーパミンなでの伝達物質を作用させるようです。

うつ病は、気持ちの問題、本人の自覚しだいで直るという周りの冷たい思い込みがありますが、それだけではなく、やはり薬の治療も大事です。

周囲の理解を得て、しっかり、薬を使って直すこと。

心がけて欲しいと思います。
タグ: うつ病
posted by マリノス at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック